絵画買取相場が判らずプロにお願いしました

不用品として捨ててしまわなくてよかったと胸を撫で下ろしています

骨董品も困ったのですが、もっとも悩まされたのが絵画です。
壺や茶器などはまだ価値がありそうだと判るのですが、絵画買取相場など素人にはまったく理解不能です。
ただ困ったと言いながら捨てることもできず、親戚間で相談を重ねました。
祖父が亡くなったあと、家は売却される予定でした。
急ぐものではないのですができれば遺産の相続などは早めに済ませたいものですし、ぐずぐずしているうちに別の問題が発生する可能性もあります。
何より絵画の管理をしている祖父がいなくなったとあれば、これ以降どうやって絵を保存すればいいのかその方法も不明です。
そこでインターネットで絵画の買い取りをしてくれる店を調べ、絵画の査定のお願いを出してみることになりました。
それまで知らなかったのですが、無料で査定を行ってくれる店が存在しています。
買取相場などまったく判らない素人のことですから、もしかしたら騙される可能性もあるかもしれない。
親戚一同でそれでも仕方がないと思いつつ、いくつかの店にお願いしました。
絵画買取相場について教えてくれたのは、お願いした店から派遣されてきたスタッフさんです。
スタッフさんはまとめて置かれた絵画を丁寧に査定しつつ、絵画買取相場は世相や流行によって上下することを教えてくれました。
その絵を欲しいと思っている人がいれば絵の価値は上昇し、少なければ下降するのも道理です。
時代によって画家の流行り廃りもあるため、価値は一定ではありません。
また、その画家の絵が好きというファンが多いなら、デッサンやスケッチといった練習絵でも買い取りされる可能性があります。
今は流行っている絵でも後ほど価値が下がる可能性はありますし、後世になって評価された画家もたくさんいます。
画家の流行り廃りなどまったく知らない私達にとっては珍しい話ばかりで、スタッフさんにはいろいろなことを質問してしまいました。
質問ばかりで鬱陶しかったことと思いますが、査定を進めながらも丁寧に答えてくれたことを感謝しています。
いくつかの絵はお店への持ち帰りになり、祖父の絵画は私達が思っていた以上の高額で買い取られることになりました。
中にはこの絵にそんな高額がつくのかとびっくりするようなものもあり、不用品として捨ててしまわなくてよかったと胸を撫で下ろしています。

だのゴミとして捨ててしまうのはためらわれました不用品として捨ててしまわなくてよかったと胸を撫で下ろしていますプロに任せてしまうのが安心